興信所を選ぶ時のポイントは"価値"

価値がないと決まらない

どんな商品、サービスでも同じですが、購入するときの決まり手となるのが商品、サービスの"価値"です。

 

興信所も同じです。興信所について知らない、または聞いたことあるけど、どんな仕事、業務内容なのか聞いたことがないという人は多いです。

 

 

興信所とは探偵が所属する事務所、探偵社などを言います。

 

 

日本でこの興信所、探偵社を営業している探偵は3000件以上、これは探偵の地域ごとで登録をしている興信所の数を大まかに言ったものであり、登録されていない業者も含むと更に数は多くなるでしょう。
はい、登録していない興信所といいましたが、探偵は免許があるのか?また登録しなくても仕事が出来るのか?気になるでしょう。

 

 

実は免許も、登録の義務も興信所、探偵にはありません。

 

 

探偵と聞くと、漫画やアニメで出てくる少年探偵や、ドラマで登場する家政婦やタクシー運転手などが事件の解決をするために探偵まがいの仕事をするとありますが、こんな仕事を探偵はしません。

 

探偵、興信所の仕事とは素行調査、企業信用調査、人探し、浮気調査などが主な業務内容となっています。特に浮気調査は探偵が受け持つ業務の中で年間の依頼件数がもっとも多い調査業務でもあります。

 

そして、これらの業務をおこなう上で免許は必要がなく、探偵業の適正という業務法でしか明確な業務についての決まりは存在しません。

 

そのため地方自治体などでは、条例としてその地方に存在する社団法人などに登録した探偵、興信所の活動を認め、更に登録されていない業者に関しては規制を強めるだけといったことしかしていません。

 

 

そこで、重要になってくるのが、どこの興信所や探偵へ依頼をしたほうがいいのか?
興信所、探偵の選び方です!!

 

 

このサイトでは興信所や探偵を選ぶときの注意点などを簡単に解説をするサイトです。

 

 

 

価値はそれぞれ違う

興信所を選ぶことになる大きな理由として、興信所の価値観が1つの判断基準になります。
当然のことですが、人それぞれには価値観があり、何を重要にするのかは人ぞれぞれで違ってきます。

 

興信所でも同じことで、共通する価値観として法令の探偵業法があるといっても、興信所ごとの経営理念や特色とは事務所ごとにちがってくるものです。

 

そのため、料金や調査技術などで違いが出てきます。他の事務所ではこうだったというのは通用しないので注意が必要です。

 

興信所を選ぶときにその価値観をまずは見極めることが大切です。
調査に凄く力を入れており、調査機材にことにも詳しいがどこか無愛想な探偵や調査員、依頼者の話を親身になって聞いてくれて、対応も親切だけで少し失敗してしまうことがある探偵や調査員。

 

それぞれの興信所の特性と価値観をしっかり理解して依頼をする興信所を選ぶ必要があるのです。